体罰に関する当塾の姿勢


今日の教育機関に関する報道において、体罰に関するニュースが多く報じられています。バンコク市内の教育機関においても、体罰が行われているという話を聞く機会が増えています。

教育機関は、生徒、保護者との信頼関係に基づいて初めて運営が可能となります。そのため、その信頼関係を崩壊させる体罰は、決してあってはならないものです。

このことは、教育に携わる者として「当たり前」のことですが、我々ソフィアアカデミーはその「当たり前」が守られていない現状を憂慮し、改めて体罰に対する当塾の姿勢を表明致します。

 

ソフィアアカデミーの体罰に対する姿勢

当塾では、学校教育法第十一条に基づき、体罰の禁止を徹底するとともに、より良く生徒を指導できるよう各講師が常に指導力の向上のための研鑚を重ねることをここに明記致します。

ソフィアアカデミー教室長 小林弘樹